常に今日は明日の準備ですからね。

中学生の職場体験

中学生の職場体験というのでしょうか、正式な呼び名は知りませんが良い取り組みですね。
今日も図書館でやっていました、消防署で中学生を見かけたのもそうだったのかもしれません。
私が中学生だった頃にはこういった取り組みは無かったのですが、自分が社会人になり新人の面倒を見るようになって感じたことは「バイトの経験のあるなしで差が出る」という事でした。
社会人になると「職場の先輩」というのは「学校の先輩」とはまた大きなギャップがあり、どう接して良いのか戸惑いがちです。
私は学生時代からアルバイトをいくつかやっていたので、対人関係においても職場の先輩や上司というものにもあまり壁を感じることも無く、他の社会人一年目よりも早く溶け込んでいけた気がしました。
やはり中学生、少なくとも高校生までには学校の先生や周りの大人だけではなく、仕事をしている大人と接する事でよりスムーズに社会人として会社にも溶け込んでいけるような気がします。
また、そういったコミュニケーションの部分だけでなく、自分が将来どんな仕事をやりたいのかという事の大きな判断材料にもなると思います。
ミュゼなんば店